トピックス

-News Release-
JIPDEC、デジタルトラスト情報に特化した公式YouTubeチャンネルを開設!
第一弾はeシールを活用した標準企業コードシステムをご紹介

2021年8月26日
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (法人番号:1010405009403)

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(所在地:東京都港区、会長:杉山 秀二、以下JIPDEC)は、安心・安全なデータ流通の実現に向け、インターネット上のデータの改ざんや送信元のなりすまし等を防止するトラストサービスに関する情報などを配信するYouTubeチャンネルを開設しました。

 第一弾として、デジタル社会を支えるトラスト基盤構築の1つであるeシールの活用事例「eシールの標準企業コード登録管理事業の活用事例」等5本を公開しています。
 今後さらに、導入事例やトラストサービス選定にあたってのポイント、デジタルトラストの動向等、DXを推進するうえで参考となるような情報を発信してまいります。

【JIPDEC公式】JIPDEC公式デジタルトラストチャンネル

JIPDEC公式デジタルトラストチャンネル

国内のトラスト基盤の動向がわかる各種資料を公開中

 6月18日に政府で閣議決定された『デジタル社会の実現に向けた重点計画』の別紙「包括的データ戦略」のなかで、Society5.0 実現には、データのトラストを確保することが鍵となり、そのためのトラスト基盤構築の重要性が挙げられています。

 JIPDECは2018年度から、インターネット上のトラストの確保に向け、電子署名等に用いる電子証明書を発行するサービス(認証局)及び利用者本人に電子証明書を確実に渡す仕組み(電子証明書取扱業務)並びにそれらを活用する電子契約サービス等を審査し、公表するトラストサービス評価事業を行っています。トラストサービスに関する関連した情報をWebサイトで公開していますので、自社でサービスを選択する立場の方だけでなく、信頼されたサービスを選択することに関心のある方は、ぜひご覧ください。

 JIPDECはこれからも、今回開設したYouTubeチャンネルやWebサイト、セミナー等を通じてデータやシステムの信頼性確保に役立つ情報を継続的に発信し、トラストサービスの評価の意義をご理解いただけるよう取り組んでまいります。

【本件に関するお問い合わせ】
⼀般財団法⼈⽇本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
インターネットトラストセンター