データ利活用・保護に関する調査研究

 JIPDECは、21世紀のデータ駆動型社会の中心要素である「データ(情報)」の利活用を推進するため、国内外の制度設計の状況や社会基盤整備などの動向について情報収集・分析を行うとともに、産学官連携で課題の検討や提言の取りまとめ等の活動を行っています。

 これらの活動を通じて得た知見をもとに、個人情報保護・プライバシーに関する国内外動向の解説や、データ活用に向けた社会課題への提言等調査研究の成果を電子情報利活用研究部 研究員が「電子情報利活用研究部レポート」としてまとめ、広く皆様に公開しています。

 レポート類は、「情報ライブラリー」→「JIPDECレポート」よりご覧ください。

これまでの活動実績

過去の事業

 以下の事業については成果をJIPDECサイト内でご覧いただけます。

活動終了した会員組織

 以下の会員組織は、活動見直しのため終了しました。今後、新たなテーマによる会員組織設置が決まりましたら、メルマガ等でご案内します。