データ利活用・保護に関する調査研究

 JIPDECは、21世紀のデータ駆動型社会の中心要素である「データ(情報)」の利活用を推進するため、国内外の制度設計の状況や社会基盤整備などの動向について情報収集・分析を行っています。

電子情報利活用研究部レポート

 上記調査研究活動の成果として、電子情報利活用研究部 研究員による個人情報保護・プライバシーに関する国内外動向の解説や、データ活用に向けた社会課題への提言等を取りまとめた「電子情報利活用研究部レポート」を毎年発行しています。

2020年版の主な内容:
   個人情報保護法制に関する国内外動向
   プライバシー影響評価(ISO/IEC 29134 : 2017)の解説
   企業のプライバシーガバナンス、地方自治体におけるDX推進 等

調査・刊行物

産学官連携による課題検討

 また、電子情報の利活用に関する産業界のニーズ把握や産学官での問題意識の共有、新産業創出などを目的としたテーマ別コンソーシアムの事務局を務めています。これらのコンソーシアムで集約した意見をもとに、政府のIT施策に基づく提言を行うなど、データ利活用基盤の整備や制度設計等における政策支援を行っています。

次世代電子情報利活用推進フォーラム

電子情報利活用に関連したテーマについて、時宜に応じて設置する研究会をはじめ、各種トピックスや施策に関するセミナー・情報交流会を通じて、情報収集・意見交換の場をご提供しています。

※賛助会員、次世代パーソナルサービス推進コンソーシアム 法人会員、アイデンティティ連携トラストフレームワーク推進コンソーシアム 法人会員は、年会費無料で「次世代電子情報利活用推進フォーラム」にご参加いただけます。

次世代パーソナルサービス推進コンソーシアム

個人に関する情報をプライバシーに配慮しつつ、安心・安全に利活用するための制度的・技術的な課題を検討します。

アイデンティティ連携トラストフレームワーク推進コンソーシアム

アイデンティティ情報を異なる組織間で連携するための環境整備の推進、また産官学を横断したマッチングの場、会員の要望・意見発信の場をご提供します。

過去の活動

※「gコンテンツ流通推進協議会」は、2019年度で活動を終了いたしました。引き続き、次世代電子情報利活用推進フォーラムに活動を合わせ、地理空間情報のみならず、“スマートシティ”、“MaaS”などテーマごとに産官学横断した議論の場として編成いたします。