JIPDECについて

2017年 JIPDEC設立50周年記念コンテンツ

 JIPDECは、2017年12月に設立50周年を迎えました。これも皆様方のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
 ここでは、「NEXT 50、次への一歩」をキャッチフレーズに実施した50周年記念コンテンツをご紹介しています。

 JIPDECは“情報の取扱に配慮しその活用を推進する、公平性・透明性の高い公益的視点に立って仕事を進める団体”として、これからも安心・安全な電子情報利活用の促進と、情報政策の一翼を担う産官学のハブとなることで、情報経済社会の発展に寄与するべく、課題解決に向けたIT活用による取り組みを進めてまいります。

50周年記念連載
『NEXT 50、次への一歩』を考える

 設立50周年に当たり、これまでの情報化の変遷とJIPDECの関わりについて振り返るとともに、現在実施している事業の背景や情報技術の今後など情報経済社会の更なる発展を遠望しその発展に寄与すべく、次への一歩を踏み出すJIPDECの目指すところについて有識者の方との対談を通じて情報を発信いたします。

第1回これまでの半世紀、これからの半世紀

次の50年の安心・安全な情報経済社会実現に向けた技術革新や情報の信頼性等に関する座談会に向けて、JIPDECから見たこれまでの情報化の変遷を振り返ります。

第2回データ中心社会が変える情報経済社会の未来

日本アイ・ビー・エム株式会社 最高技術責任者の久世和資氏をゲストに迎え、情報産業の過去から現在、そして未来についてお伺いします。

第3回インターネットトラストの世界

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任教授 手塚 悟先生をゲストに迎え、「誰もが安全に情報を利活用する環境・社会」とはどのようなものか、インターネット上の情報の信頼性確保をテーマに対談を行いました。

第4回民間における個人情報保護の取組みの重要性と今後の課題

中央大学法科大学院教授 藤原靜雄先生をお迎えし、今年20周年を迎えるプライバシーマーク制度発足時の背景、今後本制度に求められている課題や期待するところなどをお聞きしました。

50周年記念誌 「情報化の進展とJIPDECの歩み」

1960年代から現在までの社会の出来事や情報化進展に関連する国内外の産業・施策動向を、年代ごとの概観と1965年~2017年までの年表で振り返りました。

50周年関連イベント