用語集

共通鍵暗号

暗号技術分類の1つで、平文を暗号化する時に使用する鍵と、暗号文を復号する時に使用する鍵が共通の暗号方式。この鍵のことを共通鍵と呼ぶ。
高速性に優れているが、共通鍵の配送を安全に行うことが求められる。
共通鍵暗号はさらに、データを一定の長さ(ブロック)に分割し、ブロック単位で処理を行う方式(ブロック暗号)と、データを1ビットないし1バイト程度の短い単位で乱数などによって生成される鍵系列を用いて処理する方式(ストリーム暗号、または逐次暗号)に分けることができる。
(出典:「暗号調達のためのガイドブック」)