トピックス

-News Release-
【プライバシーマーク×サラリーマン山崎シゲル】コラボPR企画スタート
新作漫画書下ろし!大人気キャラクター山崎シゲルが個人情報を保護しまくり!?
~大事な情報をどう守る?シゲルは個人情報をしっかり保護できるのか!~

2021年11月10日
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (法人番号:1010405009403)

プライバシーマーク制度を運営する、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(所在地:東京都港区、会長:杉山 秀二、以下JIPDEC)は、大人気漫画「サラリーマン山崎シゲル」とコラボレーションし、個人情報保護の大切さをお伝えする企画をスタートしました。新作の書下ろし漫画をWebサイトで公開するとともに、Web広告も順次展開します。
日常にあふれる個人情報の保護に関するヒヤリハットやあるあるを「サラリーマン山崎シゲル」の登場キャラクターとともに、わかりやすくお伝えしています。


現在、16,700社(数字で見るプライバシーマーク YouTubeへリンク)超の事業者が取得しているプライバシーマークでは、10代の若者からビジネスパーソン世代まで幅広い人気を集める「サラリーマン山崎シゲル」とのコラボレーションを行うことで、プライバシーマークをより身近に感じていただき、また、読んだ方が「個人情報保護」の大切さを考えるきっかけになることを目的とし普及・啓発、PR活動を展開してまいります。

サラリーマン山崎シゲル×プライバシーマーク「個人情報保(誤)物語」特設サイト
https://privacymark.jp/lp/hogomonogatari/

個人情報保誤物語

「サラリーマン山崎シゲル」について

芸人でもありギャグ漫画家でもある、田中光さんが描く、サラリーマンの日常を非日常に切り取ったシュール漫画。常軌を逸した行動を繰り広げる山崎シゲルと、心が広い部長とのやり取りで、SNS上で公開された多くの作品が注目されており、Instagramのフォロワーは37万人を超える大人気キャラクター。

【プライバシーマーク×サラリーマン山崎シゲル】コラボPR企画

プライバシーマークでは、2021年11月から、新作漫画を掲載した特設Webサイト公開し、同時にWeb広告を順次展開します。
最近よく目にする、情報漏えい、ウイルス、セキュリティ、などの言葉。テレワークの普及も相まって、実際自分にはどのくらい関係があるの?何をすればいいの?という素朴な疑問をお持ちの方も多いでしょう。山崎シゲルもそんな中のひとり。そんなシゲルが部長の力も借りながら解決していく、そんな漫画になっています。ちょっと変わったシゲルの行動、それをたしなめる部長。そして、正しい「個人情報保護」とは?ぜひ「個人情報」の保護、扱いについて考え直すきっかけにしてください。

田中光(「サラリーマン山崎シゲル」著者)プロフィール

芸人、ギャグ漫画家、イラストレーター。
京都府出身。グレープカンパニー所属。 漫画家としての代表作に『サラリーマン山崎シゲル』、『私たち結婚しました』など。 現在『つまねこ〜妻とねこの話〜』をヤンマガWebにて連載中。
2019年に「たなかひかる」名義で自身初の絵本『ぱんつさん』を発表し、第25回日本絵本賞を受賞。 漫画連載の他、広告、テレビ番組とのタイアップなど活動は多岐に渡る。

Instagram:https://www.instagram.com/yamasaki_shigeru/
Twitter:https://twitter.com/hikaru_illust/
Twitter:https://twitter.com/avocadohikaru
ameblo:https://ameblo.jp/hikarulabo/
Facebook:https://www.facebook.com/YAMASAKISHIGERU

プライバシーマーク制度について

1998年よりJIPDECが運営する「プライバシーマーク制度」は、事業者の個人情報を取り扱う仕組みとその運用が適切であるかを評価し、その証として、事業活動においてプライバシーマークの使用を認める制度です。現在、16,700社(数字で見るプライバシーマーク YouTubeへリンク)超の事業者が取得しており、個人情報保護に関する普及・啓発の推進も行っています。

【本件に関するお問い合わせ】
⼀般財団法⼈⽇本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
プライバシーマーク推進センター