一般財団法人日本情報経済社会推進協会

ナビゲーションをスキップ

EN

お問い合わせ

標準企業コード概要

「標準企業コード」の概要

「標準企業コード」のなりたち

「標準企業コード」は、企業間電子商取引におけるEDI標準の検討の中で生まれた、企業を特定するためのコードです。
EDI標準が実現する前は、それぞれの企業が独自の方式で取引の電子化を進めたため、取引先ごとに異なるEDIの仕組みを導入しなければなりませんでした。この「多端末現象」を解消するため、以下の標準が策定されました。

  • メッセージ(EDIでやりとりする情報)
  • シンタックスルール(メッセージを伝送するときに用いる構文規則)
  • 企業コード(EDIでやりとりする情報項目の1つ)

JIPDECは、ISO/IEC 15459-2、ISO/IEC 6523及び国連CEFACT(貿易円滑化と電子ビジネスのための国連センター)データエレメント3055の各標準において企業コードの発番機関として登録されており、企業からの申請に基づき「標準企業コード」の登録・管理を行っています。

JIPDECは、全業界/企業からの申請を受け付けるとともに、業界コードセンターに登録受付(発番)業務を委託しています。

参考資料

標準企業コードパンフレットや活用事例は以下をご覧ください。

「標準企業コード」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)の登録商標です(登録商標 第5430087)。