一般財団法人日本情報経済社会推進協会

ナビゲーションをスキップ

EN

お問い合わせ

2024.02.27

イベント

受付中

個人情報保護法規則/ガイドライン改正と、今後のデータ管理の要諦

ここ数年、リモートワーク化とそれに伴うクラウド利用、生成AIの登場など、ビジネスを取り巻く環境は大きく変化しています。そのような状況の中、パーソナルデータを始めとするデータ活用も高度化複雑化する一方で、個人情報保護/プライバシー保護の声も一層高まり、国内外において適切なデータ活用に向けた法制度整備も進んでいます。

日本では、2023年6月に外部送信規律が追加された改正電気通信事業法が施行され、また、同年12月に個人情報保護法施行規則及びガイドラインが改正され、2024年4月施行となります。

本セミナーでは、企業における適切なデータ管理を⽀援することを⽬的に、直近の動向である個人情報保護法規則/ガイドライン改正ポイントを解説していただくとともに、近年のビジネス環境の変化や国内外の法制度動向を踏まえ、今後実務において留意する点、必要な対応について整理していただきます。

  • ※なお、本セミナー(資料)は、プライバシーマークの構築運用指針を解説するものではありません。

開催要領

主催

一般財団法人日本情報経済社会推進協会[JIPDEC]

協賛
日程

2024年2月27日(火)15:00~16:30(入室開始 14:45予定)

場所

Zoomビデオウェビナー

  • 参加申込完了後、フォームの自動返信メールで参加方法をご連絡します。
  • 自動返信メールが到着しない場合は、セミナー事務局までお問い合わせください。
  • ご利用の環境によりご参加いただけない場合がありますことをご了承ください。
参加費

無料

定員

お申込み多数のため、1,000名→3,000名に定員を変更しました
(2024年2月7日)

  • 注)参加お申込み時、セミナー時にいただいたご質問は、ディスカッションおよび講演レポート等で参加者の方々に共有する可能性があります。ご質問への個別回答は致しかねますのでご了承ください。
備考

■■■ウェビナー参加時に表示される「レコーディングに関する同意画面」について■■■
本ウェビナーはZoomミーティングのビデオウェビナー機能を使用するため、視聴者の方のビデオ・音声がレコーディングされることはございません。
本ウェビナーでレコーディングされる内容は、講師および司会の映像・音声ならびに共有画面となります(JIPDECが講演レポート作成のため)。
ただし、レコーディング機能とは別に、すでにZoomアプリに名・姓を入力されている場合、Q&Aの際に匿名での質問を選択されないと、名・姓記入内容とご登録時のメールアドレスが紐づいた形で記録されます。

プログラム

15:00~15:30

講演

個人情報保護法規則/ガイドライン改正の実務対応のポイント

牛島総合法律事務所  弁護士 中井 杏氏

15:30~16:15

講演

法制度動向を踏まえた今後のデータ管理の留意点~事前の質問を中心に~

牛島総合法律事務所  弁護士 影島 広泰氏

今後の実務を考える上でポイントとなる以下のテーマを中心に、みなさまからのご質問を踏まえ解説していただきます。ぜひ、参加お申込みフォームよりご質問をお寄せください。

  • 企業における生成AI活用の留意点
  • Cookie廃止後のマーケティング
  • データ管理環境の変化と必要な対応(クラウド利用、データの越境移転など)
  • 各国個人情報保護法制動向と留意点
16:15~16:30

質疑応答

事前にいただいた質問、JIPDECに多くいただいている質問の中から特に多い質問をピックアップしご回答いただきます。

牛島総合法律事務所  弁護士 影島 広泰氏
牛島総合法律事務所  弁護士 中井 杏氏

講師プロフィール

  • 影島 広泰氏

    牛島総合法律事務所 弁護士 

    一橋大学法学部卒業、03年弁護士登録、牛島総合法律事務所入所
    自らアプリ開発を行う等ITに精通し、ITシステム・ソフトウェアの開発・運用、個人情報・プライバシー、ネット上のサービスや紛争に関する案件を中心に、企業法務の第一線で活躍。
    The Best Lawyers™ in Japan 2024のTelecommunications Law部門のLawyer of the Year 2024、Fintech Practice部門及びInformation Technology Law部門選出(2023年4月)
    Thomson Reuters「ALB Asia Super 50 TMT Lawyers 2021」選出(2021年8月)
    【著作】
    「法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典<第2版>」(商事法務)
    「22年施行 情報の『利用』を重視する 個人情報保護の規制強化」(週刊東洋経済、2021年3月6日号)ほか多数

  • 中井 杏氏

    牛島総合法律事務所 弁護士

    京都大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。
    18年弁護士登録、牛島総合法律事務所入所。
    21年から23年まで個人情報保護委員会へ出向、同年牛島総合法律事務所にて実務再開。
    個人情報・プライバシー、営業秘密などの情報管理に関する案件を多く取り扱う。
    【著作】
    「『犯罪予防や安全確保のための顔識別機能付きカメラシステムの利用について』の解説」(NBL1242号)
    「実務問答 個人情報保護法(第3回)AI開発における学習用データの利用目的と学習済みパラメータの取扱い」 (NBL1254号) 他