JIPDECセミナー


テレワークが常態化した企業のセキュリティ対策の現状と課題
~企業IT利活用動向調査2021報告~

※本イベントは終了しました。

 JIPDECと株式会社アイ・ティ・アールが共同で毎年実施している「企業IT利活用動向調査2021」では、昨年以降のコロナウイルス感染症拡大、緊急事態宣言を受け、IT利用企業が事業継続のための経営戦略やセキュリティ対策としてどのような変化が生じたかを把握するため、国内企業981社のIT/情報セキュリティ責任者等を対象に2021年1月に調査を行いました。
 本セミナーでは、コロナ禍前と現在でどのように変化が見られたか、過去の調査結果との比較を含めご紹介します。

※「企業IT利活用動向調査2021」の分析結果は、5月末発行予定の「JIPDEC IT-Report 2021 Spring」で紹介する予定です。

開催要領

    
主催
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
日時
2021年3月18日(木) 15:00~16:45 
(講演・質疑応答計105分)
開催方法
Zoomビデオウェビナー

参加申込完了後、フォームの自動返信メールで参加方法をご連絡します。
※自動返信メールが到着しない場合は、セミナー事務局までお問い合わせください。
ご利用の環境によりご参加いただけない場合がありますことをご了承ください。

ウェビナー参加時に表示される「レコーディングに関する同意画面」について
本ウェビナーはZoomミーティングのビデオウェビナー機能を使用するため、視聴者の方のビデオ・音声がレコーディングされることはございません。本ウェビナーでレコーディングされる内容は、講師および司会の映像・音声ならびに共有画面となります(JIPDECが講演レポート作成のため)。ただし、レコーディング機能とは別に、すでにZoomアプリに名・姓を入力されている場合、Q&Aの際に匿名での質問を選択されないと、名・姓記入内容とご登録時のメールアドレスが紐づいた形で記録されます。

定員
500名(事前登録制)
参加費
無料
参加申込み
本イベントは終了しました。

プログラム

15:00~16:45
テレワークが常態化した企業のセキュリティ対策の現状と課題
    ~企業IT利活用動向調査2021報告~


 コロナ禍によって企業の勤務形態はテレワークに移行せざるを得なくなり、多くの企業でテレワークが常態化しました。
 そのため、社内ルールや仕組みの改訂のみならず、システム面においてはクラウドサービスの利用や電子契約等への対応が進んできています。本報告では国内企業がコロナ禍に対応して行ってきているシステム面での変化とセキュリティ対策の状況をご紹介するとともに課題を明らかにし、今後対応すべき方向とその将来像について論じます。

株式会社アイ・ティ・アール
コンサルティング・フェロー
藤 俊満氏

※都合により、プログラム内容に変更が生じる場合がありますが、ご了承ください。

講師プロフィール

藤 俊満氏

株式会社アイ・ティ・アール  コンサルティング・フェロー
藤(とう) 俊満氏

Gartner Japan, Arthur Andersen および野村総合研究所(NRI)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)他においてITコンサルティングおよびITに関わるリスクマネジメントコンサルティングを担当。
それ以前は国内大手電器メーカのシステム部門で企画・開発・運用、事業部門において企画を担当



本件に関するお問い合わせ
※参加申込みは【開催要領-参加申込み】から登録をお願いします。