イベントのご案内

第54回JIPDECセミナー「企業の情報セキュリティ対策の現状とインターネットトラストの確立に向けた取組み」

※本イベントは終了しました※

講演資料: 会員専用ページに掲載
講演録(要旨):本ページ プログラム内に掲載


 今回のセミナーでは、JIPDECと株式会社アイ・ティ・アールが共同で毎年実施している「企業IT利活用動向調査2016」の分析結果から、企業における情報セキュリティ対策に対する意識の度合い、改正個人情報保護法やマイナンバー制度への対応状況の傾向をご紹介します。
 また、セミナー後半では、JIPDECが現在取り組んでいるインターネット上での信頼性(トラスト)の確保に向けた事業(JCAN、ROBINS等)について、これまでの取組みと次年度の活動計画について、具体的にご紹介します。

開催概要

主催 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
日時 2016年3月9日(水)14:00-16:00(受付開始13:30)
場所 六本木ファーストビル 1F JIPDEC会議室(東京都港区六本木1-9-9)
定員 70名(定員になり次第受付は締め切らせていただきます。)
参加費 次世代フォーラム会員企業の方: 無料
一般: 5,400円(消費税400円込)
(当日会場にて現金でのお支払いをお願いいたします。
領収書、受講証が必要な場合は、お申し込み時に
備考欄にその旨お書き添え下さい。)
会員企業の方はどなたでも無料でご参加いただけます。
お申し込み お申し込み受付は終了しました

プログラム

13:30     受付開始

14:00-15:00  いま企業が重視する情報セキュリティ対策とは
(質疑応答含む)  ~「企業IT利活用動向調査2016」より~
         株式会社アイ・ティ・アール
         シニア・アナリスト  舘野 真人 氏

近年、企業のIT施策に占める情報セキュリティ対策の比重が高まっています。サイバー犯罪の深刻化、内部不正による情報漏洩事件の影響もさることながら、マイナンバー制度の本格始動、改正個人情報保護法の可決・成立を受けてコンプライアンス要件も追加されました。
そうしたなかで、国内企業のIT管理者やセキュリティ担当者は何に着目し、どのような手を打とうと考えているのでしょうか。今回のセミナーでは、2016年1月に実施した「企業IT利活用動向調査2016」の最新結果をいち早くご紹介し、最新事情を解説します。

15:00-15:05  休憩

インターネットトラストの確立に向けたJIPDECの取組み

15:05-15:35  インターネットトラストの確立に向けたJIPDECの取組み
(質疑応答含む)  一般財団法人日本情報経済社会推進協会
         常務理事  山内 徹

サイバー法人台帳ROBINSの新たな展開-経営労務診断サービスへの活用等

15:35-16:00  サイバー法人台帳ROBINSの新たな展開-経営労務診断サービスへの活用等
(質疑応答含む)  一般財団法人日本情報経済社会推進協会
         安信簡情報環境推進部 主任部員  風間 正行