メールマガジン
「JIPDECインフォメーション」

「JIPDECインフォメーション」を受信されている皆様へ
-メールなりすまし対策について

 JIPDECが発信するメールマガジン「JIPDECインフォメーション」は、第120号(2014/2/25配信)から、皆様により安心してご覧いただくため、なりすましメール防止「安心マーク」の表示と、JCAN証明書による電子署名を付けて、メールを送信しています。

 Webメール(Yahoo!メール、niftyメールのみ)では「安心マーク」が、Microsoft Outlook2010、Windows Liveメール、Thunderbird等のメーラーでは「署名アイコン」がそれぞれ表示されます。

 なお、受信されるメールソフト等の種類によっては、まれに電子署名の認証ができない場合があります。「JIPDECインフォメーション」をご購読中で、電子署名なしのメールでの配信をご希望の方は、こちらからお手続きをお願いします。
 

 ●Yahoo!メール、niftyメールの場合の表示イメージ

Yahoo!メール、niftyメールの場合のメールイメージ

※電子署名に対応していないメールソフト(携帯電話メール、Webメール等)で受信された場合は、「smime.p7s」という名前のファイルが添付されます。(メール本文は表示されます)

 
 ●Microsoft Outlook2010、Windows Liveメール、Thunderbird等の場合の表示イメージ

Microsoft Outlook2010、Windows Liveメール、Thunderbird等の場合のメールイメージ

※電子署名のアイコンは、各メールソフトに標準で搭載されている電子署名の機能を利用して表示されます。

メールが文字化けする場合の対応について

 JIPDECのメールの文字コードと受信者側の文字コードが一致していない場合、メールが文字化けすることがあります。JIPDECから送信される文字コードは「ISO-2022-JP」です。文字化けした場合は、以下の手順により、文字コードを変更してください。

<変更手順例>
●Microsoft Outlook2010の場合
 メニューバーの「メッセージ」→「移動‐アクション」→「その他のアクション」→「エンコード」→「日本語(自動選択)」を選択
●Windows Liveメールの場合
 メニューバーの「メッセージ」→「エンコード」→「日本語(自動選択)」を選択
●Thunderbirdの場合
 メニューバーの「表示」→「文字エンコーディング」→「日本語(ISO-2022-JP)」を選択

それでも文字化けが治らない場合には、お手数ですが、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム