イベントのご案内

第79回JIPDECセミナー「GDPRから考える、デジタル時代のプライバシー」

※本セミナーは終了しました。※

 これから先のデジタル時代においては、消費者意識の変容もあり、プライバシーを法令遵守の観点だけでとらえているとビジネスが通用しなくなる可能性が高くなると考えられます。
 このため、組織内で根本から業務変革、ビジネスデザイン検討を促進するための情報として、GDPRだけでなく各国で同様の法整備が進む中、「なぜ法整備が進められているのか」その背景や思想、社会動向や消費者意識について解説していただきます。

開催概要

    
主催 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
日時 2018年11月15日(木)15:00-16:45(受付開始14:30)
開始時間にご留意ください。
場所 JIPDEC会議室(東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル1F)
定員 70名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
参加費 次世代電子情報利活用推進フォーラム会員企業の方: 無料
会員企業の方はどなたでも無料でご参加いただけます。

一般: 5,400円(消費税400円込)
(当日会場にて現金でのお支払いをお願いいたします。
領収書が必要な場合はお申し込み画面より宛名種別をお選びの上
お申し込み下さい。
受講証が必要な場合は、お申し込み時に
備考欄にその旨お書き添え下さい。)
お申し込み 本セミナーは終了しました。

プログラム

14:30    受付開始

15:00-15:50 前半:デジタル時代の消費者意識とプライバシー保護

KPMGコンサルティング株式会社
テクノロジーリスクサービス
パートナー 大洞 健治郎氏

消費者意識調査の結果や、GDPRに呼応するように進む各国法整備状況から、社会変化と企業に求められるプライバシーやセキュリティへの対応について解説していただきます。

15:50-16:00 休憩

16:00-16:45 後半:施行半年 企業のGDPR対応における課題と対策

KPMGコンサルティング株式会社
テクノロジーリスクサービス
パートナー 大洞 健治郎氏

後半では、施行半年での、企業のGDPR対応事例、各ガイドラインの概要や実務での対応ポイント、今後ビジネスで考えるべき点について解説していただきます。