イベントのご案内

安信簡情報環境シンポジウム2014

 サイバー空間を実空間と同じような信頼・信用できるビジネス環境とするためには、情報の信頼性を支えるさまざまな仕組みが社会システムとして適切に備わっている必要があるのではないか、そのためには何をすべきなのか、そのひとつの答えとしてJIPDECは安信簡情報環境プロジェクトを進めてきました。
 今回の安信簡情報環境シンポジウムでは、安信簡情報環境プロジェクトの現在の状況、その中でも特に本格運用を開始してから1年となる「サイバー法人台帳ROBINS」の状況を中心にご紹介いたします。
 さらに、同プロジェクトのJCANおよびROBINSサービスを利用し、安信簡情報環境の発展に寄与することが期待される事例等をベストプラクティスとして紹介いたします。

開催概要

       
主催 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
日時 2014年7月9日(水)14:00-17:30(受付開始13:30)
場所 秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F)
(JR秋葉原駅から電気街口徒歩1分)
http://www.akibahall.jp/data/access.html
定員 300名
参加費 無料(事前登録制)
お申し込み 本イベントは終了しました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

プログラム

14:00-14:45 講演1「安信簡情報環境とトラストフレームワーク ~なりすましのない世界へ~」
        JIPDEC 常務理事 小林 正彦

        先般、私たちの生活にインターネットが身近になってきている反面、インターネット
        上でのなりすましやフィッシング等の問題が大きくなっています。
        この問題に対応すべく、JIPDECでは、インターネットをより安信簡な環境、「なり
        すましのない世界」にするために、我々ができることは何かを考えています。        
        その解決策の検討素材として、法人のアイデンティティ、ホワイトリスト、トラスト
        フレームワーク、リテラシー、法人の社会的責任等の切り口で、解決策の一端をご紹
        介いたします。

当日の講演資料はこちら

14:45-15:05 講演2「サイバー法人台帳ROBINSの事業概要と最新動向のご紹介」
        JIPDEC 伊藤 滋行

        インターネット利用者が1億人を越え、日常生活の一部となってきていますが、比例
        して犯罪被害数も急上昇しています。インターネットをより安心して利用するための
        安信簡情報環境プロジェクトの一つ、サイバー法人台帳ROBINS(本格運用を開始し
        て一年経ちました)のご紹介と、ROBINSを取り巻く最新動向および今後の取組につ
        いてご紹介します。

当日の講演資料はこちら

15:05-15:25 講演3「行政書士とROBINSの関わり」
        日本行政書士会連合会 専務理事 北上 雅弘 氏

当日の講演資料はこちら

15:25-15:45 講演4「社労士の経営労務診断への取り組みと
        サイバー法人台帳ROBINS事業への期待」

        東京都社会保険労務士会 会長 大野  実 氏

当日の講演資料はこちら

15:45-16:00    休憩

16:00-17:30  あんしんかんベストプラクティスご紹介
        JIPDEC 大泰司 章

***以下各社よりサービス内容のご紹介します。***

インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
「効率的でセキュアな電子文書配信サービスの提供」

当日の配布資料はこちら

鯖江商工会議所
松本商工会議所
「タブレットを活用した中小企業支援」

当日の配布資料はこちら

SUJ株式会社
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ソフトバンクコマース&サービス株式会社
「使いやすく信頼性の高い電子契約サービスの提供」

当日の配布資料はこちら

ヤフー株式会社
ニフティ株式会社
「「なりすましメール」の被害を防ぐ電子メール環境の整備」

当日の配布資料はこちら(ヤフー株式会社)

当日の配布資料はこちら(ニフティ株式会社)

安信簡情報環境シンポジウム 2013以前の講演資料

安信簡情報環境シンポジウム2013
(2013年7月4日(木)14:00~17:20)の講演資料

14:00-14:40 講演1 安信簡情報環境とトラストフレームワーク
        ~サイバー法人台帳ROBINSを中心に
        JIPDEC 常務理事 小林 正彦

14:40-15:20 講演2 企業DIM(Digital Identity Management)とトラストフレームワーク
        東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 教授 手塚 悟 氏

15:30-16:00 講演3 サイバー法人台帳ROBINSの事業概要と最新動向のご紹介
        JIPDEC 主席研究員 伊藤 滋行

16:00-16:30 講演4 - ネット選挙解禁 - ROBINSと電子メールにできること
        ヤフー株式会社 スマートデバイス戦略室 スマートデバイス開発本部開発1部 
        リーダー 森 健 氏

16:30-17:10 講演5 オープンデータに関する国内外の最新動向とROBINSの役割
        株式会社日立製作所 主任技師 新妻 継良 氏 

17:10-17:20 講演6 安信簡情報環境プロジェクトの今後について
        JIPDEC 常務理事 小林 正彦

安信簡情報環境シンポジウム2012
(2012年6月1日(金)13:20~17:30)の講演資料

13:20-13:35 シンポジウム開催の背景と概要のご紹介
        JIPDEC 常務理事 小林 正彦

13:35-14:50 企業コードにおける基本構想(案)の概要
        東京工科大学 教授 手塚 悟 氏

13:35-14:50 企業コードの民間分野におけるユースケースと
        欧州等先進国における海外事例のご紹介
        株式会社日立製作所 主任技師 新妻 継良 氏

13:35-14:50 JIPDECの進めるネットビジネス環境における
        ROBINS(事業者等総合情報基盤)の活動と今後の計画について
        JIPDEC 主席研究員 伊藤 滋行

14:50-17:30 マイナンバー導入に向けた検討から見る我が国の個人情報保護制度の将来
        慶應義塾大学 准教授 新保 史生 氏

14:50-17:30 世界のデジタル・アイデンティティ戦略 
        -プライバシー保護を前提とした情報利活用        
        株式会社野村総合研究所 上席研究員 崎村 夏彦 氏

14:50-17:30 個人情報の安心安全な管理に向けた社会制度・基盤の研究会の報告        
        JIPDEC 主任 野村 至

14:50-17:30 デジタル・アイデンティティ・マネジメントに関して、
        世界に発信できる日本の戦略を考える        
        JIPDEC 常務理事 小林 正彦