認定個人情報保護団体

個人情報の取扱いに関する苦情・事故対応

 JIPDECは、「個人情報の保護に関する法律」に定める認定個人情報保護団体として、消費者等から寄せられる対象事業者の個人情報の取扱いに関する苦情や事故に対応しています。また、対象事業者に対し、個人情報取扱いや匿名加工情報に関する助言・情報提供も行っています。
 個人情報漏えい等の事故を起こした場合、直接、個人情報保護委員会への速やかな報告が求められますが、認定個人情報保護団体の対象事業者は、所属する認定個人情報保護団体に報告し、その後の事故処理対応の支援を受けることができます。

 当協会が運営する認定個人情報保護団体の対象事業者は以下のいずれかに該当する事業者です。
 1. 当協会が運営する個人情報保護にかかる認証制度(プライバシーマーク制度)において認証を受けた事業者
 2. 電子情報の保護と利活用の推進のため、当協会が認める事業者

事業者において個人データ漏えい等が発生した場合の報告の流れ

APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)の審査・認証、普及促進

 APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)*1 は、APEC域内において国境を越えて流通する個人情報に対する、APEC域内の消費者や事業者、行政機関における信用を構築するシステムです。APECにより2011年に運用が開始され、日本は2014年4月から参加しています。
 JIPDECは、日本におけるCBPR審査・認証機関(アカウンタビリティ・エージェント(AA)*2)として、国内事業者がAPEC域内エコノミーと相互に個人情報を越境移転する際の取扱いが、APECプライバシーフレームワークに適合しているかを審査・認証しています。

*1  APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム):APEC域内において国境を越えて流通する個人情報に対する、APEC域内の消費者や事業者、行政機関における信用を構築するシステム。APECにより2011年に運用が開始され、日本は2014年4月から参加しています。
*2  アカンタビリティ・エージェント(AA):CBPRシステムに参加を希望する事業者がAPECプライバシーフレームワークを満たす個人情報保護体制を構築・運用しているかを審査・認証する機関。JIPDECは2016年1月にAAとして認定されました。

APEC CBPRにより円滑な越境データ流通が促進

お知らせ

対象事業者になるための申請・変更手続き

対象事業者になるための申請方法および既対象事業者の変更手続きにつきましては以下をご覧ください。

認定個人情報保護団体、CBPR認証に関するお問い合わせ

認定個人情報保護団体に関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。

CBPR認証に関するお問い合わせ・苦情相談は、下記よりお願いいたします。