会員制度のご案内

アイデンティティ連携トラストフレームワーク推進コンソーシアム

 「アイデンティティ連携トラストフレームワーク推進コンソーシアム」は、産業界のニーズを通して、アイデンティティ(ID)情報を異なる組織間で連携するための環境整備を推進し、組織間の相互運用性、効率性を確立するとともに、利用者に対する利便性、透明性を向上させ、新規ビジネス創出、オンライン完結社会の推進を目的として活動しています。

アイデンティティ連携トラストフレームワークとは

 インターネットが生活の中心になりつつある現状、利用者・事業者双方に安全に、効率良くサービス授受が可能な共通の認証のための仕組みとしてアイデンティティ連携トラストフレームワークに注目が集まっています。
 アイデンティティ連携トラストフレームワークは、「利用者である個人に関する属性」(Identity:アイデンティティ)の確からしさを確認することや、本人同意の下でアイデンティティを連携する環境を提供することで、インターネット環境で完結したサービス提供を実現するものです。
 政府において「世界最先端IT国家創造宣言」の中で取り上げられ、経済産業省により「アイデンティティ連携トラストフレームワーク基準案(基本ルール)」が策定される等、推進されています。
 また、直近ではマイナンバー制度が推進され、行政機関等と民間事業者の間のアイデンティティ連携についても検討が始まっています。

アイデンティティ連携トラストフレームワーク推進コンソーシアムについて

活動内容


 本コンソーシアムでは、産業界のニーズを踏まえつつ、アイデンティティ連携トラストフレームワークにおける制度・技術・ビジネス等の課題を解決する方策の検討を全体会議等での議論を通じて行います。



  • マイナンバー制度を視野に入れたアイデンティティ連携トラストフレームワークの制度および技術等の検討

  • アイデンティティ連携によってサービスの効率化、高度化が図れるユースケースの創出

    • ・具体的なルール

    • ・運用・体制

    • ・データの精度担保、信頼性のレベル 等




組織体制



  • 会長  :中村 素典(国立情報学研究所)

  • 事務局 :JIPDEC電子情報利活用研究部


活動状況




  • キックオフミーティング(平成27年7月30日開催)

  • 第1回全体会議(平成27年9月下旬開催予定)


入会方法、お問い合わせ

入会方法


 「アイデンティティ連携トラストフレームワーク推進コンソーシアム運営規則」をご一読のうえ、事務局までお問い合わせください。
 入会申し込みは随時受付けいたします。

お問い合わせ先


 本コンソーシアムに関するお問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 電子情報利活用研究部
 アイデンティティ連携トラストフレームワークコンソーシアム事務局