電子署名・認証センター

HOME お問い合わせ サイトマップ サイトポリシー JIPDEC TOP
English Japanese
HOME電子署名について >電子署名法の解説
電子署名について
 

電子署名法の解説

電子署名法は平成13年4月1日より施行された法律で、正式名称は「電子署名及び認証業務に関する法律」です。具体的には、電磁的記録の真正な成立の推定、特定認証業務に関する認定の制度等を定めています。

電子署名法やその関連法令の条文については、経済産業省のページを参照してください。
「電子署名及び認証業務に関する法律に基づく指定調査機関の調査に関する方針」については
こちら[PDF]を参照してください。
1.電磁的記録の真正な成立の推定
「本人による一定の条件を満たす電子署名」がなされた文書は、本人の手書署名・押印がある文書と同様、真正に成立したものと推定されることが定められています。
電磁的記録の真正な整理の推定
 

2.特定認証業務に関する認定の制度

特定認証業務の認定を受けるためには、どのような技術・設備水準が必要なのかを示しています。具体的には、電子署名の方式や業務の用に供する設備、利用者の真偽確認の方法等が定められており、こうした認定を受けた認証局が発行する電子証明書は、一定レベルの信頼性を保ったものだと判断されます。
特定認証業務に関する認定の制度
 
特定認証業務に関する認定の制度
 
ページトップへ
 
Copyright (C) 2000-2011 JIPDEC All Rights Reserved.